NEWS & TOPICS

RSS

石川県小松市に新しくできた「サイエンスヒルズこまつ」にて、最新の4K立体ドームシアターがオープンしました。弊社からはプレアデスシステムとして宇宙映像・プラネタリウムソフトウェアUniviewと、ドーム映像再生ソフトウェアAmaterasを提供しています。科学技術館シンラドーム、日本科学未来館ドームシアターガイアに続く国内3機目の常設立体ドームシアターですが、4台のBARCO SIM10プロジェクターと純正のInfitec立体視による、明るく高精細な投影を実現しています。近くにお越しの際はぜひご覧ください。

» 全文へ

日本テレビの技術展「デジテク2014」で、3月25,26日の2日間に渡ってモバイルドームの投影展示を行っています。4Kカメラ+魚眼レンズで撮影された「ベイスン・アンド・レンジの軌跡」(日テレアックスオン・JSF制作、神楽洞夢で公開予定)をダイジェスト版で上映しています。テレビ・映像系の技術展とは言えドーム映像に馴染みのない来場者が多いため、Amaterasでドームマスターと俯瞰表示を並べた再生で仕組みを説明しています。また、Panasonicの4Kタブレット上でAmaterasを動かし、高解像度かつタッチ操作でインタラクティブに見回せる展示も置かれています(これは便利!)。近くにお越しの際はぜひご覧ください。

» 全文へ

BUMP OF CHICKENが初音ミクとリアルタイムコラボした新曲「ray」のPVが公開されました。360度パノラマの特製半透過スクリーンを中心とする大掛かりなセットステージに、Crypton Future Mediaが開発したライブ演奏システムで初音ミクがリアルタイムで投影されています。ミクや撮影周りのメイキング映像はこちらからどうぞ[1] [2]。使用したプロジェクターは2万ANSIルーメンの高輝度タイプを4台使用し、曲面スクリーンへの投影補正はAMATERAS Media Playerを中核としたAmaterasサーバーで実現しています。リアルタイム映像、それもライブ共演なので、高解像度・高精度かつ遅延の少ない映像システムが必要とされました。PV撮りのためのセットステージでしたが、実際にポストCG合成なしに多層的な映像空間が広がっているので圧巻の迫力。今後はライブステージでもこうしたシステムが活用されると良いですね。

ドーム投影から3Dプロジェクションマッピングまで、幅広く対応する映像再生ソフトウェア「AMATERAS Media Player ver.2.2」をリリースしました。全画面表示の際の再生制御バーなど機能追加もありますが、再生パフォーマンスの改善とバグ修正が中心のリリースです。次のメジャーアップデート Amateras ver.3 に向けて、これが最後のリリースとなる予定です。

しばらく前のことになりますが、2月14日に第3回のニコニコプラネタリウム部のドーム投影実験会が開催されました。今回は2部構成で、前半は都内某プラネタリウムにて大きなドームスクリーンでの持ち込み映像の試写、後半は体育館(剣道場)に場所を移してエアドームでじっくりと投影実験を行いました。エアドームは3Dドーム影絵で有名な工房ヒゲキタの自作5.6mドームで、これに魚眼レンズ付きプロジェクターとAmaterasを使った上映を行いました。特別ゲストのLive 上坂監督の作品紹介や、噂に違わぬ迫力のヒゲキタさん3D影絵など、大雪のなか遅い時間まで、非常に充実した会となりました。実験会の詳細記録はこちらこちらご覧ください。

» 全文へ

1月30日から2月2日まで、東京ミッドタウンでトヨタ新型ハリアーの特別展示を行っています。鏡面コーティングされた特別仕様の「ミラーハリアー」の周りを直径11mの仮設ドームで覆い、AMATERAS Media Playerでドーム・床面合わせて11台のプロジェクターによる全周囲の映像空間を作っています。3DCGの技法として一般的なリフレクションマッピングをリアルな実車に施すとどのようなビジュアルになるのか、ぜひ実際にご覧になってみてください。

取材記事取材動画

メイキングWORLD ORDERイベント

» 全文へ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さて、年明け早々に常設の横浜ドックヤードガーデン180度体感型プロジェクションマッピングで、本日1月2日から新しいコンテンツの上映が始ます。コンテンツ第3弾はドヴォルザークの「新世界より」にシンクロして石壁が目まぐるしく変形して異世界へといざなう、スピード感あふれる作品となっています。ぜひドックヤードガーデンで、迫力の映像に包まれる感覚をお楽しみください。

12月19日から新年1月5日まで、原宿のAudi Forum Tokyoにてチームラボの3Dプロジェクションマッピング作品「The Waterfall on Audi R8」が公開されています。吹き抜けの2階からスポーツカー"Audi R8"の上に降り注ぐ滝をコンピューターグラフィックスで表現した作品で、無数の細かい水粒子の振る舞いが高精細に描かれています。この映像送出に技術協力し、AMATERAS Media Playerにて13台のプロジェクターからの3Dマッピングとシステム制御を行っています。毎日ほぼ24時間上映されていますので、お近くにお越しの際、また明治神宮に初詣の際などにぜひお越しください。

» 全文へ

常設の大規模プロジェクションマッピングとしてご好評いただいているドックヤードガーデンプロジェクションマッピングのオープニング作品「YOKOHAMA ODYSSEY」が、第17回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に選ばれました。再演にも期待したいところです。コンテンツ第2弾「Happy Christmas featuring "Disney The Little Mermaid"」に続き、第3弾も近日公開予定です。お楽しみに。

TRANS CITY FEAT. HATSUNE MIKU」は「リアルとバーチャルの交錯」をコンセプトに、別府市のドーム型特設会場で2ヶ月間にわたり開催される「TRANS CITY」と、バーチャルシンガー「初音ミク」によるコラボレーションイベント。このメイン会場として、直径21mの仮設ドームシアターを設営しました。初音ミクの楽曲とともに、視野を覆う迫力の映像が繰り広げられます。オープニングとなる今週は、会場近くの山の手中学校校舎でプロジェクションマッピングを上映。映像とレーザー、ダンスのコラボレーションを毎晩お楽しみいただけます。市内にはPVを投影するプロジェクションカーやラッピングバスが走り、温泉の町 別府の町をあげてのイベントになっています。開催期間はこれから2か月。ぜひご来場ください。

» 全文へ

過去のお知らせ:
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

ページの先頭へ